バーにデジタルダーツを設置するには

ダーツを営業所に設置するには

ガールズバーやショットバーなどでダーツを設置する場合には注意すべきポイントがあります。
デジタルダーツ機とシミュレーションゴルフが風営法のゲーム機の対象からはずれました。
デジタルダーツは、従前、客の射幸心をそそる恐れのある遊具として解釈され、風俗営業の範疇でその規制の対象となっていました。
しかし、平成30年9月21日、警視庁からの通達(上記)により、デジタルダーツやシミュレーションゴルフのような遊戯設備は、条件付きながら風俗営業の規制対象外となりました。


許可が不要になるには以下を満たすことが条件になります。

デジタルダーツ設置の要件

1 .従業員が目視または防犯カメラの設置により、当該事務所に設置されているデジタルダーツ及びシュミレーションゴルフの遊技状況が確認できる

2. 当該営業所に風営法第5号に規定する営業の許可を要する遊技設備が他に設定されていない場合

以上が許可が不要になる条件です。

警視庁からの通達

当該営業所に法第2条第1項第5号に規定する営業の許可を要する遊技設備(以下「対象遊技設備」という )が他に設置されていない場合(デジタルダーツ及びシミュレーションゴルフ以外の対象遊技設備が設置されている場合であって、当該対象遊技 設備設置部分を含む店舗の1フロアの客の用に供される部分の床面積に対して当該対象遊技設備が客の遊技の用に供される部分が占める割合が10%を超えない場合を含む )には、当該デジタルダーツ及びシミュレーションゴルフについては、営業者により、本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技の用に供されないために必要な措置が適切に講じられていると認められるものとして、当面、賭博、少年の溜まり場等の問題が生じないかどうかを見守ることとし、規制の対象としない扱いとする。

 

(警察庁通達)

以前のルールとは

以前まであった、「10%ルール」はなくなりましたが、許可が不要になるには以下を満たすことが条件になります。

(参考)今までの10%ルールとは
対象遊技設備が設置されている場合であって、当該対象遊技設備設置部分を含む店舗の1フロアの客の用に供される部分の床面積に対して当該対象遊技設備が客の遊技の用に供される部分が占める割合が10%を超えない場合は、風俗営業の許可を受けることなく当該対象遊技設備を設置することができます。

ガールズバーの開業サポート

ガールズバーでの申請手続きをサポートします 一般的にガールズバーとは、お客さんに女性のバーテンダーがお酒や軽食をサービスをするスタイルの飲食店になります。バーテ…