風俗営業許可や深夜酒類提供飲食店営業の申請手続きサポート

東京都内でのバー、スナック、麻雀店などの風俗営業許可や居酒屋、ガールズバーなどの深夜酒類提供飲食店営業、ライブハウス、ダンスクラブなどの特定遊興飲食店、デリヘルの開業などの申請をお考えの方を対象に、永井行政書士事務所では、長年の経験、実績を活かし、警察署への申請手続きをサポートしています。

風俗営業許可

接待をするバーやスナック、ホストクラブやキャバクラなどでの風俗営業の社交飲食店を開業するには、店舗を管轄する下記の警察署に風俗営業許可の申請をします。
接待行為とは、一般的なママやスタッフが特定少数のお客様の隣に座り、お酌をしたり煙草に火を付けたりすることも接待に含まれます。
このような接待行為をするならば、風俗営業(社交飲食店)の許可を得る必要があります。
風俗営業許可(社交飲食店)の申請については詳しくは、以下の通りです。

麻雀店営業許可

麻雀店の営業を始めるには、営業所を管轄する警察署に風俗営業許可(4号営業)申請の手続きが必要になります。詳しくはこちらから。

風俗営業許可を取得する場合に注意しなければならないのは以下の2点です。
①物件選び
用途地域や保全対象施設によって営業ができないことがあります。
物件を探す際には、用途地域を確認しましょう。
②店舗の内装
内装には規則があります。
・各室内部に見通しを妨げる設備を設けてはいけない。
詳しくはこちらから。

深夜酒類提供飲食店届出

お酒がメインで深夜0時を越えても営業している飲食店は深夜酒類営業の届出が必要です。
飲食店営業許可証を取得したら、次は所轄の警察署に深夜における酒類提供飲食店の営業を開始するための届出を行います。

深夜酒類提供飲食店営業開始届出書を出す場合に注意しなければならないのは以下の3点です。
①物件選び
用途地域によって深夜酒類提供飲食店営業ができないことがあります。
物件を探す際には、用途地域を確認しましょう。
②店舗の内装
内装には2つの規則があります。
・各室内部に見通しを妨げる設備を設けてはいけない
・各室が複数の時の客室の床面積は9.5㎡以上でなければならない
③接待禁止
風俗営業(社交飲食店)の許可を取らずに接待してしまうと風営法違反となります。その場合は次に掲げる風俗営業(社交飲食店)を取得して営業を開始します。