永井行政書士事務所では、お忙しいお客様に代わって、図面作成など保健所への飲食店営業許可申請に必要な書類の作成して申請を代行致します。また、保健所による現地確認時の立会等を行います。
許可申請から営業許可が出るまでの期間は、問題がなければ約2週間です。
当事務所では、お客様と綿密な打ち合わせを行い、迅速に許可されるよう代行サポートいたします。

飲食店営業開始までの流れ

1.打ちあわせ

開業する物件が決ましたら、行政書士がお店にお伺いして要件を確認します。問題がなければ、「飲食店営業許可申請」の書類、図面を作成します。

2.営業許可の申請

事前相談が終わり次第、申請書類を提出します。申請から許可証の発行まで10日間程必要です。

必要書類など


1.営業許可申請書
2.営業所の図面
3.貯水槽を使用する場合は水質検査成績書
4.誓約書(食品衛生責任者をこれから取得する方)
5.許可申請手数料(東京都では18,000円)

3.立ち入り検査

お店が基準をクリアしているかどうかの検査です。
行政書士が立会いをします。

4.許可証の発行

事前相談が終わり次第、申請書類を提出します。申請から許可証の発行まで10日間程必要です。

飲食店営業許可の申請書類

飲食店営業許可の申請に必要な書類は次の通りです。

1.許可申請書
2.客室、調理場の平面図
3.水質成績検査証(貯水槽の場合)
4.誓約書(食品衛生責任者がいない場合)

食品衛生責任者

保健所に「飲食店営業許可」の申請をする際は、食品衛生責任者を選任する事が必要になります。

お店でお客さんに飲食をさせる場合は、風俗営業許可に加えて飲食店営業許可を申請する必要があります。
なお、飲食店営業許可を申請するためには、お店に1人は食品衛生責任者を設置する必要があります。
この食品衛生責任者は、調理師・栄養士・製菓衛生師といった資格をもっているか、資格がない場合は食品衛生責任者の講習会を受けなくてはなりません。
これから講習会を受けるには、保健所から講習会を受ける為の往復はがきに受講希望日と受講場所を決めてからポストに投函します。
東京都では、令和3年度から、受講料12000円が必要になります。

設備の要件

飲食店営業許可を受けるには、主に以下の設備の要件が必要です。

設備の要件

  • 調理場内に冷蔵庫を設置する。 
  • 調理場に換気扇か天ガイフードの設備を設ける。
  • 調理場に湯沸かし器を設置する。
  • 調理場内に2層のシンクを設置する。
    (2槽シンクにある蛇口からお湯がでること。)
  • 洗面器は、基準のサイズがあること。
    (洗面器:36cm×28cm以上の物が良いとされています。)
  • 洗面器は、蛇口については、スライド式にする。
  • 洗面器には、上部の上に台を置き消毒液をいれ、設置する。
  • 食品戸棚には、扉の付いた設備がある。
  • 更衣室か更衣箱を設置する。
  • 客室と調理場の間にドアを設置する。
  • 便所内に洗面器の設備を設ける。

当事務所の業務手数料

報酬費用

30.000円(税別)
風営法同時の場合は
20.000円(税別)

※保健所手数料は 18.300円

  • 店舗の測量
  • 図面の作成
  • 保健所に申請
  • 検査の立会い
  • 申請書類の受け取り

永井事務所の業務費用

風俗営業料金

飲食店開業に必要な資格

食品衛生責任者

調理士、栄養士などの資格保有者、もしくは食品衛生責任者養成講習会の修了者

防火管理者

店舗の収容人員が30人以上の場合は、「甲種防火管理者」、29人以下の場合は、「乙種防火管理者」の専任が必要です。

電話番号