バー、スナックに必要な開業許可とは

バー、スナックなどを開業するには、保健所から飲食店営業の許可を取得してから、接待行為をするお店では管轄する警察署に風俗営業(社交飲食店)の申請手続きをします。
深夜0時以降に酒類を提供する飲食店で接待を伴わないバー、スナックなどのお店に必要な開業許可とは「深夜酒類提供飲食店営業」の届出をします。
この「深夜酒類提供飲食店営業」を始めるには、保健所で飲食店営業許可を取得してから、営業所を管轄する警察署に届出が必要になります。
また、接待を伴う営業をするには「風俗営業許可」の社交飲食店営業を
営業所を管轄する警察署に申請することが必要になります。
当事務所では、風営法を専門として、CAD図面にて平面図、求積図、照明音響図などを作成し、申請手続きをして行います。
報酬手数料は5.5万円(税別)、風俗営業許可は14万円 (税別)でサポートしています。
これからの開業をお考えの方は、お気軽にお電話からお問い合わせください。
当事務所では、風営法に詳しい行政書士が迅速に手続きをいたします。

当事務所の特徴

低価格な料金

報酬

当事務所では東京都23区内の近距離でお伺いできる地域のみを対応して時間短縮を図っています。
また、CAD図面を作成することで、スピーディーに作成ができます。
そのため、業務費用についても依頼される方に安心な低価格料金を設定できます。

実績が豊富で安心

居酒屋09

当事務所では多くの風営法に関するお店の開業手続きをお手伝いしています。
当事務所では税理士や司法書士などと連携していますので、飲食店経営のお悩みについて幅広くご相談していただくことができます

迅速な対応、CAD図面の作成

お店をオープンするとなればオーナーにはやらなければいけないことがたくさんあります。分かりづらい手続きを専門の当事務所にお任せいただければCAD図面で作成しています。

飲食店営業許可書を取得します

バー、スナックなどを開業するためには、所轄の保健所に申請します。
申請後に、保健所の立ち会い検査を受り、その後1週間以内に「飲食店営業許可証」を取得できます。
申請に際して必要な書類は、以下の通りです。

1.飲食店営業許可申請書類
2.店舗周辺の地図
3.店舗の平面図
4.食品衛生責任者の手帳
(これから講習会を受ける方は誓約書)
5.水質検査成績書
※申請の際に飲食店許可申請手数料、18.300円を支払いします。

「深夜酒類提供飲食店営業」の届出

お酒がメインで深夜0時を越えても営業している飲食店は深夜酒類営業の届出が必要です。
飲食店営業許可証を取得したら、次は所轄の警察署に深夜における酒類提供飲食店の営業を開始するための届出を行います。

深夜酒類提供飲食店営業開始届出書を出す場合に注意しなければならないのは以下の3点です。
①物件選び
用途地域によって深夜酒類提供飲食店営業ができないことがあります。
物件を探す際には、用途地域を確認しましょう。
②店舗の内装
内装には2つの規則があります。
・各室内部に見通しを妨げる設備を設けてはいけない
・各室が複数の時の客室の床面積は9.5㎡以上でなければならない
③接待禁止
風俗営業(社交飲食店)の許可を取らずに接待してしまうと風営法違反となります。その場合は次に掲げる風俗営業(社交飲食店)を取得して営業を開始します。
深夜酒類提供飲食店営業届出に際して詳しくは、以下の通りです。

風俗営業許可(社交飲食店)を申請します。

接待をするバーやスナックなどでの風俗営業の社交飲食店を開業するには、店舗を管轄する下記の警察署に風俗営業許可の申請をします。
接待行為とは、一般的なママやスタッフが特定少数のお客様の隣に座り、お酌をしたり煙草に火を付けたりすることも接待に含まれます。
カウンター越しであっても長時間同じ場所で会話を続けるのは接待行為に当たるとされていますが、警察に接待と見なされてしまえば指導が入ることになります。
このような接待行為をするならば、バーやスナックはホストクラブやキャバクラと同じく風俗営業(社交飲食店)の許可を得る必要があります。
風俗営業許可(社交飲食店)の申請については詳しくは、以下の通りです。

業務費用

幣事務所では、深夜酒類提供飲食店の報酬手数料は50㎡までの基準料金として55,000円(税別)、風俗営業許可は14万円 (税別)でサポートしています。 で