深夜酒類提供飲食店営業の届出
江戸川区で深夜酒類飲食店営業開業手続き

深夜酒類飲食店営業開業手続き 江戸川区でバーやガールズバーやスナック、居酒屋などの営業で、深夜(0時以降)に営業をする場合は、飲食店営業許可を取得してから、警察署の生活安全課に「深夜酒類飲食店開業営業開始届出」の申請手続 […]

続きを読む
関連記事
合同会社を設立するには

合同会社の設立 会社設立の基本事項 株式会社との違い 報酬額 当事務所では、合同会社設立の報酬額として6万円(税別)で受任しています。実費として、登録免許税6万円と謄本代金1通600円などが必要になります。

続きを読む
関連記事
風営法の人的要件とは

人的要件

続きを読む
関連記事
消防署の届出書類について

防火対象物使用開始届を提出 バー、クラブスナックやクラブなどの飲食店や社交飲食店は、不特定多数の人の出入りがあるため、消防法上の防火対象物に該当します。飲食店として新たに営業を開始するには、使用を始める7日前までに、所轄 […]

続きを読む
関連記事
ダーツバーを開業するには

ダーツを設置するには深夜酒類提供飲食店営業届出が必要 午前0時以降もお客様にダーツを行う場合には、管轄する警察署の保安係に「深夜酒類提供飲食店営業」の届出を行わなければなりません。お店の従業員がお客さんと一緒にゲームをし […]

続きを読む
関連記事
風俗営業の設備の要件とは

構造設備の要件について 風俗営業許可の申請には、構造や設備などの要件を満たす必要があります。 客室の面積について、客室が二室以上の場合は一室の客室面積は16.5㎡以上とする。ただし一室の場合はこの限りではありません。 客 […]

続きを読む