深夜酒類提供飲食店の申請手続きをサポートします。

「深夜酒類提供飲食店」とは、バー、ガールズバー、スナック、居酒屋など深夜0時以降に酒類を提供する飲食店のことをいいます。
この「深夜酒類提供飲食店営業」を始めるには、保健所で飲食店営業許可を取得してから、営業所を管轄する警察署に届出が必要になります。
当事務所は、深夜酒類飲食店の届出などを専門とする行政書士事務所です。
CAD図面にて平面図、求積図、照明音響図などを作成し、申請手続きをして行います。

幣事務所では、深夜酒類提供飲食店の報酬手数料は50㎡までの基準料金として50,000円(税別)、飲食店営業許可を同時に申請する場合は70,000円 (税別) で受任しています。
これから「深夜酒類提供飲食店営業」の開業をお考えの方は、お気軽にお電話からお問い合わせください。
当事務所では、風営法に詳しい行政書士が迅速に手続きをいたします。

当事務所の特徴

低価格な料金

報酬

当事務所では東京都23区内の近距離でお伺いできる地域のみを対応して時間短縮を図っています。
また、レーザー測量器で正確な距離を測量してCAD図面を作成することで、スピーディーに作成ができます。
そのため、業務費用についても依頼される方に安心な低価格料金を設定できます。

実績が豊富で安心

居酒屋09

当事務所では多くの風営法に関するお店の開業手続きをお手伝いしています。
当事務所では税理士や司法書士などと連携していますので、飲食店経営のお悩みについて幅広くご相談していただくことができます

迅速な対応、CAD図面の作成

お店をオープンするとなればオーナーにはやらなければいけないことがたくさんあります。分かりづらい手続きを専門の当事務所にお任せいただければCAD図面で作成しています。
当事務所では、可能な限りオーナーの負担を軽減する形で営業許可を取得いたします。

報酬額

幣事務所では、深夜酒類提供飲食店の報酬手数料は50㎡までの基準料金として50,000円(税別)、飲食店営業許可を同時に申請する場合は70,000円 (税別) で受任しています。

深夜酒類提供飲食店営業

深夜酒類提供飲食店営業の開業に必要な手続き

1. 飲食店営業許可書を取得します

ガールズバーを開業するためには、所轄の保健所に申請します。
申請後に、保健所の立ち会い検査を受り、その後1週間以内に「飲食店営業許可証」を取得できます。
申請に際して必要な書類は、以下の通りです。

飲食店営業許可申請書類
店舗周辺の地図
店舗の平面図
食品衛生責任者の手帳
(これから講習会を受ける方は誓約書)
水質検査成績書
※申請の際に飲食店許可申請手数料、18.300円を支払いします。

2. 深夜酒類提供飲食店営業開始届出を申請

飲食店営業許可証を取得したら、次は所轄の警察署に深夜における酒類提供飲食店の営業を開始するための届出を行います。

届出に際して必要な書類は、以下の通りです。

深夜酒類提供飲食店営業に必要な書類

1. 深夜における酒類提供飲食店営業開始届出書
2. 営業の方法を記載した書類
3. 営業する関する書類(警察署により必要です)
  使用承諾書
  賃貸借契約書
  建物の全部事項証明書など
4.店舗周辺の地図
5.営業所の平面図
6.営業所の求積図
7.客室・調理場の求積図
8.照明、音響設備図
9.飲食店営業許可証の写し
10.住民票(本籍入り)
11.メニュー表、料金表
12.申請者が法人の場合は
 ・商業登記簿謄本
 ・定款の写し
 ・役員の住民票(本籍入り)

深夜酒類提供飲食店申請までの流れ

1 ご相談.ご依頼

当事務所では、お電話でのご相談は無料です。お電話で許可までの流れをご説明致します。
又、ご依頼後に、営業許可が取得できる 場所の調査も行います。

2 店舗の測量

お客様の店舗にお伺いして保健所や警察署に提出する図面をレーザー測量機を使用して測量を致します。

3 書類.図面の作成

住民票などを揃えて申請をする準備をします。
またCADソフトを使用して、営業所平面図などを作成致します。

4 飲食店営業許可の申請

これから新規に営業を始める方は保健所から飲食店営業許可を申請します。
保健所の検査が終了後,7日ほどで営業許可証が取得できます。

5 深夜酒類飲食店許可の申請

深夜酒類飲食店の申請書類ができましたら、営業所を管轄する警察署の生活安全課に予約をして申請を致します。
許可書類を申請してから10日後から、営業が開始出来ます。

※警察署によって、代行で行政書士が申請手続きを致します。

風俗営業許可店との違い

大きな違いは接待行為の違いになります。
風営法によると、接待とは「歓楽的雰囲気を醸し出す方法により客をもてなすこと」をい定められています。
警察庁の解釈基準によりますと、接待とは以下のような行為をいいます。
・談笑、お酌
・客とのダンスや歌唱、ゲームや競技
・ショー
・客の口許まで飲食物を差し出し、飲食させる行為
・身体を密着させたり手を握ったりするなど、客の身体に接触する行為

特定遊興飲食店との違い

大きな違いは遊興の違いになります。

  • 深夜酒類提供飲食店では、深夜0時以降は遊興はできません。
  • 特定遊興営業許可では深夜に遊興をするといったお店が対象になります。
  • 特定遊興営業許可では、営業所の客室が33㎡以上必要になる、照度が10ルクス以上といった構造的な基準があります。

特定遊興営業許可では深夜に遊興をするといったお店が対象になります。

居酒屋 深夜酒類提供飲食店営業
ライブハウス
電話番号